ミニコミ誌について

   1997年1月の発刊以来、2012年の3月3日に出した18号が最新号。15年の間にわずか18回しか出していない「ぐうたら」ミニコミ誌です。急激に変化しつつあるビルマを、のんびりゆっくりウォッチしています。これまでの内容は以下のとおりとなっています。

   なお、このホームページでは、このミニコミ誌の記事の一部を、できるだけ最新の情報に更新した形で掲載しています。

※最新号を出しました。(2012年3月3日発刊) 今回の内容は、日本サッカーの父ともいうべき名コーチ「ウ・チョーディン」についてです。日本サッカー協会において「殿堂入り」をしているビルマ人コーチのウ・チョーディン(チョウ・ディン)は、その輝かしい功績にもかかわらず、1924年のビルマへの帰国後については、全く知られていません。そんな知られざる偉人は、日本で学んだ技術を生かして、祖国においては、ビルマ工業の父ともいうべき存在となっていたのです。
記事をウェブサイトにアップしました

(本編からの抜粋)
■幻の英雄ウ・チョーディン
 一九四八年に独立したミャンマーの国家理念は、民族や宗教の違いを越えた連邦国家。だからこそ初代大統領(サオシュエタイッ)はビルマ民族ではなく少数民族シャンの藩王でした。そうした流れの中で大統領となるはずだった人物と共に工場の運営を行い、数々の実績を残していったウ・チョーディンは、間違いなく国家建設の歴史に名を残す大人物でした。しかし、その運命を一変させてしまう出来事が起こったのです・・・

※ウ・チョーディンについての調査がビルマ語の放送局DVB(Democratic Vioce of Burma)に取り上げられました。

※『バダウ』読者の皆様へのお願い
 5年ぶりの発刊という当方のぐうたらのせいで、転居された読者にはご迷惑をおかけしております。何部か「あて所に尋ね当たりません」という形で戻ってきております。購読しているはずなのに届いていない、という際には、当方へご連絡(こちら)ください。
 また、今後転居のご予定がある場合には、新住所をお知らせいただければ幸いです。

※思いっきり手前味噌ですが、創刊10周年に際して、『バダウ』が東京新聞(9月5日)とタウンニュース(12月15日)に取り上げられました。

『東京新聞』(2006年9月5日)
『タウンニュース』
(2006年12月15日)
発行日 内容
1997年1月31日 ●発刊にあたって
●ミャンマーポップス
     2人の人気ロック歌手~ゾーウィントゥッとレーピュー~
ラペッイー ~ミャンマー・ティーの奥義~
●東京のミャンマー
   ・在日ビルマ人の伝統舞踊団
   ・ビルマ人のコンビニ
1997年3月25日 ●東京で見るミャンマーの芸能 ~伝統舞踊とロック~
●ミャンマーポップス
     国民的スター歌手~サイン・ティーサイン
●東京のミャンマー
   ・ミャンマー暦「ダバウン」月の仏教行事
   ・新年の水かけ祭り
   ・ビルマ料理店(「トップ」、「ヴィーナス」、「ヤッタナー」)
1997年6月7日 ●ミャンマーの旅
     湖に囲まれた交通の要衝~メイッティラー~
●ミャンマーの愛唱歌
     「ナガニの歌は今も」~戦前歌の名曲~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ料理店(「ナガニ」、「アミーナ」)
   ・ビルマ語教室 
1997年10月7日 ミャンマーの料理 ~ビルマ料理 (1)~
ビルマ語の表記について
●ミンガラードーと私
●東京のミャンマー
   ・ビルマ料理店(「神田市場」)
   ・美容室「ザガワ」
   ・名古屋ミャンマー伝統織物展
1997年11月25日 ●ミャンマーの人気スター ~テテモーウー~
ミャンマーの料理 ~ビルマ料理 (2)~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ料理店(「ミンガラバー」)
   ・名古屋ミャンマー観光音楽展97
1998年2月15日 ●ミャンマー小説『血の絆』の映画化
●ミャンマーと日本で撮影する初めての合作映画『血の絆』
ビルマ人の名前について
●ミャンマーポップス
     ポップス界の女王~メースウィ~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ料理店(「シュエナンド」、「ジークエ」)
   ・ダヂャン情報
   ・ナカイパヤー(前)
1998年10月15日 ミャンマーのイスラム教 ~バマームスリムを中心に(1)~
●ミャンマーの美味しい店
     ダンバウッの美味しい店~チェシャーズン~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ料理店(「マンダレー」)
   ・ミャンマー伝統織物展
   ・ナカイパヤー(後)
1999年4月1日 ミャンマーのイスラム教 ~バマームスリムを中心に(2)~
●ミャンマーの履物 ~鼻緒付きの「ニャッツパナッ」
●東京のミャンマー
   ・シャン料理店(「ノングインレー」)
   ・ビルマ料理店(「シュエピータン」)
   ・コンサート情報
1999年10月1日 ミャンマーの交通機関とその周辺 ~バス編~
●ミャンマーのお菓子 ~タンニェッ~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ料理店(「ロータスガーデン」、「センチュリー」)
   ・「ダディンヂュッ」の祭り ~雨安居明けの祭り~
   ・イベント情報(第2回ミャンマー・フェスティバル)
10 2000年6月17日 ●名古屋で見たミャンマー ~ダヂャンとビルマ料理店~
●ミャンマーの交通機関とその周辺 ~タクシー編~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ料理店(「ネィミンラリン」、「ひげ(ノッカウンムェ)」)
   ・ビルマ語教室(桜美林大学オープンカレッジ)
   ・BLACK ROSEのミレニアム記念コンサート情報
11 2000年11月6日 ミャンマーポップス ~キンマウントー
ミャンマーの輸送機関とその周辺 ~貨物トラック編~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ人の料理店(「中華料理店アジア」、「平和ラーメン」)
   ・イベント情報(国境地帯チャリティー・コンサートなど)
12 2001年9月24日 ミャンマーの学校教育と塾 ~(1)教育の制度と現場~
●ミャンマーの輸送機関とその周辺 ~馬車編~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ人の料理店(「INDEIRA SHIBUYA」、「昆明飯店」)
13 2002年2月25日 ミャンマーの学校教育と塾 ~(2)修了・入学試験~
ミャンマー・ポップス ~レーピュー~
        ミャンマーロックのヒーローと歌謡界の現状
●東京のミャンマー
   ・ビルマ人の料理店(「ポイント」、「White House」)
   ・イベント情報(ダヂャン、ミンガラードー舞踊団公演) 
14 2003年11月27日 ミャンマーロックのヒーロー、レーピュー来日
   ~ミャンマー歌謡曲と一般庶民
●東京のミャンマー
   ・ビルマ輸入雑貨店「ZAW(ゾー)」)
   ・ビルマ料理店「BAGO(バゴー)」)
   ・映画『血の絆』完成試写会
   ・ミニ情報(在日ビルマ人舞踊団「ミンガラードー」事実上解散) 
15 2004年10月9日 ●ミャンマーの学校教育と塾 ~(3)塾流行の原因~
●ミャンマーの美味しい店
     イン料理店「アマッタヤ」
●東京のミャンマー
   ・日本ミャンマー・カルチャーセンター
   ・アジア料理店「オリエンタルキッチン」
   ・イベント情報(「ダディンヂュッ」情報) 
16 2005年10月23日 ●ミャンマーの少数民族料理
 シャン料理①北部シャン料理~その1・麺料理
●ミャンマーの学校教育と塾 ~(4)大学の現状と学生の塾通い~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ料理店「ゾージー・チェーオー」
   ・ビルマ料理店「ルビー」
   ・シャン語教室
   「在日シャン人文化友好協会」
   「日本ミャンマー・カルチャーセンター」
17 2007年1月11日 ●ミャンマーの食べるお茶「ラペッソー」
 ①生葉から漬け茶葉へ
●ミャンマーの少数民族料理
 シャン料理②東部シャンの麺料理
●ミャンマーの学校教育と塾 ~(5)公務員給与改定に伴う変化~
●東京のミャンマー
   ・ビルマ料理店「Phyu(ピュー)」
   ・ビルマ料理店「ヤンゴン」
   ・イベント情報
   「マーマーエー来日公演
   「シャン・ナショナル・デー
※ミニコミ誌上に掲載された時間等が変更されていますので、最新情報は当ホームページの「イベント情報」でご確認ください。
18 2012年3月3日 知られざる偉人「ウ・チョーディン」~日本サッカーの父
●ミャンマーの露店料理「ウェタードウトー」
●東京のミャンマー
   ・居酒屋「しらゆき」
   ・ビルマ料理店「シュエオー」
   ・ビルマ料理店「マンミャンマー」
   ・ビルマ雑貨店「マンミャンマー」
   ・東京のミャンマー20年~リトルヤンゴンの変遷
※極めて不定期な発刊ですが、購読を希望される方には、郵送料のみを切手で頂いた上で送付いたしております。
不定期購読申込み・・・まずはメールでご一報ください(こちらをクリック)。
※切手については、とりあえず80円切手を6枚ということでお願いしております。数年に1部程度の発刊なので、一度お送りいただけば、永年会員のような形になります。

 戻る

copyright©2017 badauk all rights reserved.