国名表記について

   世界各国には、自国の名称について、正式名称というものがあります。また他国の名称については、各々の言語による独自の呼称が慣例的に存在しています。例えば、わが国日本に対する各国の慣例的呼称には、「ジャパン」、「リーベン」、「イープン」、「ニャッパン」などさまざまあるようです。また日本にも、アメリカ合衆国に対する「米国」やグレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国に対する「イギリス」あるいは「英国」をはじめとして、他国への独自の呼称がいろいろとあります。

   このホームページは、「ミャンマー連邦」を正式名称とする国についての事柄を取り上げていますが、その国名表記については、古くから長きに渡って日本で慣例的呼称となっている「ビルマ」を使用いたします。

   この国の正式名称は、国内的には以前から「ミャンマー」でした。文語と口語の区別があるビルマ語では、国名については「バマー」(口語)と「ミャンマー」(文語)とがあり、「正式」名称においては、文語の方がずっと使われてきたというわけです。しかし対外的なところでの国名は、「ミャンマー」ではなく英語の「Burma」でした。そこで1989年、その部分が英語の「Burma」から「Myanmar」へと変更されました。そしてこの変更は、対外的な名称だけにとどまらず、ビルマ語の「口語」に対しても及び、以来「ミャンマー」の使用が会話の中などにも浸透していきました。これを決定したのは現在の軍事政権です。この政府については政治的な問題が存在しています。したがってわが国においても、この国の名称として、「ビルマ」を使用するか「ミャンマー」を使用するかで、政治的スタンスを判断する向きがあります。

  ミニコミ誌の 『バダウ』におきましては、そうしたスタンスを排除すべく、「ミャンマー」が文語として古くより使用されてきたという点に着目して、これを国名として使用しました。そして今回のホームページ化に当たりましては、日本における慣例的呼称という点に着目して、「ビルマ」を使用することとします。これは、政治的スタンスの排除という観点をより強く押し出せると判断した結果です。

  「ビルマ」と「ミャンマー」につきましては、語源的な部分等で学術的な研究がなされていますが、ここではそうした部分についても立ち入りません。つまり、政治的・学問的判断を避けた形での国名表記ということです。こうした方針を打ち出すに至った根拠は、「どちらでもいい」というのがビルマ人の一般的感覚に一番近いと判断したことにあります。

   「ミャンマー」は、外国人からすれば耳新しい名称だったかもしれませんが、ビルマ人自身からすれば、「ビルマ(ビルマ語では「バマー」)と共に自国の名称として根付いているものなのです。文語として使用されてきた「ミャンマー」が、口語としても使用されるようになった、という点は、確かに新しいことかもしれません。しかし、「『ビルマ』と『ミャンマー』の違いは、『ニホン』と『ニッポン』の違いと同じようなもの。どちらも自分たちの国名だ」という具合にビルマ人はしばしば説明します。そう言うビルマ人に、政治的スタンスはそれぞれあるでしょう。しかし、そのことと国名を絡めず、「どちらでもいい」とする感覚。もちろんビルマ人の間にはさまざまな感覚があることは言うまでもなく、国名へのこだわりに対する尊重は充分に保証されるべきことです。そのことを前提とした上で、これが一般ビルマ人の平均的感覚に近い線ではないかと判断し、それを踏まえて、国名表記に当たって「日本における慣例的呼称への着目」という方針をとった次第です。

ホームへ戻る   日常茶飯事へ

copyright©2017 badauk all rights reserved.