イベント
情報&報告
情報・・・「第65回ビルマ連邦記念式典」
2012年2月12日(日)

(主催者より)

 私たち、日本に暮らすビルマ連邦の全ての民族は、第65回ビルマ連邦記念式典、並びに、ビルマの様々な民族の文化、音楽、舞踊を披露する集いを、下記の要領にて開催いたします。

 ご多忙中、恐縮ではございますが、在日ビルマ民主化活動家はもとより、日頃よりご支援・ご協力いただいております日本の団体の皆さま、また、ビルマの問題に関心をお持ちの皆様のご臨席を賜りますようお願い申し上げます。

日   時 2012年2月12日(日)
13:00〜15:30 ビルマ連邦記念式典
16:00〜21:00 民族文化の集い(民族音楽・民族舞踊)
会   場 みらい座いけぶくろ(豊島公会堂)
東京都豊島区東池袋1丁目19−1(地図はこちら
主  催 在日ビルマ連邦少数民族協議会
(東京都新宿区下落合2−1−8 三栄ビル205)
問合せ 第65回ビルマ連邦記念式典実行委員会
U ZAW MIN KHAINGウー ゾー ミン カイン (090-6025-4629)
MAI KYAW OOマイ チョー ウー (090-9831-7192)
情報・・・「シャン民族記念日」
2012年2月5日(日)
※過去の様子はこちら
2016年
2015年
2012年
2010年
2009年
2008年

2007年
2006年
2005年
2004年
昨年の様子

(主催者より)

 毎年恒例となります、シャン民族記念日を祝いますパーティを下記日程で行います。ビュッフェスタイルでシャンの伝統的な料理をご用意しております。

 どなたでも参加していただけるアットホームなパーティですので、皆様お友達をお誘いの上、どうぞご参加ください。


 この催しも今年で19回目となります。毎回いろいろなシャン料理を楽しめるシャン民族記念日ですが、今年の料理は何と33種類。食べきれないほどのシャン料理をご堪能ください。




日   時 2012年2月5日(日)17:00〜20:00
会   場 アカデミーホール  地図はこちら
東京都豊島区東池袋1-30-6 セイコーサンシャインビル地下1階
参加費 1000円
問合せ 03−5273−5774(シャンレストラン「ノングインレー」)
03−3367−6535(シャンレストラン「マイソンカ」)
情報・・・「カレン民族新年会」
2011年12月25日(日)

  在日ビルマ人社会では、主だった少数民族がそれぞれ組織を立ち上げて活動をしています。その最大の行事のひとつが、「ナショナルデー」で、毎年2月あたりの日程で各民族が開催しています。それに次ぐ行事といえるのが「新年会」。先日の11月27日には、シャン民族の第3回新年会が、本国から歌手を招聘して開催されました。そして12月にはカレン民族が新年会を開催します。こちらの方は、今年で13回目。主催者からは「カレン民族皆様と他の民族の皆様どなたでも是非ご参加ください」と広く呼びかけがなされています。

 カレン歴では今年は「2751年」だそうです。そんな長い歴史を持つカレン民族の新年会では、カレン料理も楽しむことができます。特に昨年の会では、めったに食べられない「珍品」が出されました。それは「ミャウッチーガー」といわれるカレン料理。この料理のメイン食材は、サルの腸の中に詰まっているもの。これに近い食文化としては、極北の地に住むカナダの先住民イヌイットが食べるカリブーの腸の中のもの、といったところでしょうか。ただ、カレン民族の場合は、イヌイットのようにこれを「生」で食べるのではなく、カレー風に調理します。サル以外では、ホエジカ(鹿の一種)のものを使った「ジーチーガー」やネズミの「チュエチーガー」があるそうです。

 これらは、現地のカレン州でもなかなか食べられない珍味。一般の料理店にはありません。よって昨年の新年会でこの料理が振舞われた、というのは本当に珍しいことだったようで、さすがに今年は入手できなかった模様です。

 今年は、そんな超珍味こそは食べられないようですが、この新年会はカレン民族の文化を知る良い機会となるでしょう。

日   時 2011年12月25日(日)12:00〜17:00
会   場 三平ビル7-F(新宿区新宿3-22-12・新宿駅東口下車徒歩5分) (場所 
主   催 カレン新年会実行委員会
参加費 1000円
問合せ 090−5758−3834、080−3121−3615 
情報・・・「まるごとビルマ体験パック」
2011年7月24日(日)

(主催者より)

 いろいろなビルマ文化を一度に体験できる絶好の機会です。 交流会では、お店では味わえないビルマ家庭料理と少数民族の料理が食べられます。ぜひミャンマーに関心あるご友人や知人を誘い合わせの上ご参加ください。

 今回の収益金は、ミャンマー北部シャン州タレー地震による被災者へ届けられます。


※公式HP告知はこちら

日   時 2011年7月24日(日)18:30〜20:30
会   場 新宿区立戸塚地域センター(高田馬場駅から徒歩1分) (行き方 
主   催 NPO法人 日本ミャンマー・カルチャーセンター
参加費 2500円
定  員 30名
問合せ 03-3980-7152(教室)  090-6934-7154(携帯) 
情報・・・「ダヂャン(水祭り)」
2011年4月17日(日)
2011年5月15日(日)
※過去のダヂャン情報 
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年

2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年

  3月11日の大震災後、各種イベントが自粛されていますが、在日ビルマ人社会も例外ではありません。予定されていた4月11日の第20回の東京ダヂャンは、主催者の判断で自粛し、延期となりました。

 今後の開催に関しては、検討の結果、5月15日に決定しました。

 現在、震災とその後の状況から一時帰国しているビルマ人は、本国でダヂャンを迎え、1ヶ月ほど滞在し、ちょうどこの時期に日本へ戻ってきます。そして、日本におけるイベント開催の状況も、自粛一辺倒ではなく、復興のための開催、といった空気に変わってきています。何よりも、在日ビルマ人自身が、この震災に対して、日本で暮らしている自分たちも何かしたい、という気持ちが強いのです。多くのビルマ人たちが、個々に寄付をしています。中には50万円寄付した高田馬場の輸入雑貨店経営者もいます。これほどの額でなくても、多くのビルマ人が心を痛め、行動しています。ある伝統舞踊団は、チャリティ公演の開催を模索しています。

 今年のダヂャンは、こうした状況の中での開催となります。

日   時 2011年5月15日(日)
会   場 日比谷公園(地下鉄「霞ヶ関」、「日比谷」下車、徒歩2分)地図はこちら
主   催 ビルマ民主化同盟(LDB)
問合せ 03-3916-4996
2016年2月〜
2015年2月〜
2014年4月〜
2013年4月〜
2012年4月〜
2011年4月〜
2010年1月〜
2009年1月〜
2008年2月〜
2007年4月〜
2006年12月〜
2006年1月〜

2005年4月〜10月
2004年2月〜2005年2月
レーピュー来日
2003年4月〜9月

メースウィチャリティ公演

2002年7月〜2002年11月

2001年11月〜2002年6月
戻る