ミャンマーの国技、サッカー
東南アジアサッカー選手権で熱烈に応援するサポーター
(THE MYANMAR TIMES 2009年1月14日刊より)


 ミャンマーの国技は何ですか。

 ビルマ人にそう訊ねると、思いのほかいろいろな答えが返ってきます。チンロン(蹴鞠)を筆頭に、フレーローピャインブエ(ボートレース)、チェッタウンヤイッ(バドミントン)、ウーシュー(武術太極拳)、ボロンブエ(サッカー)、ショーダイン(棒登り)などなど。

 国技は、世界の大部分の国において、法令ではなく慣例に基づいているので、国によってはひとつに絞り込ない場合もあるでしょう。ミャンマーはまさにそうした国のひとつで、国技に対する人々の認識には割と幅があるようです。

 インターネットのフリー百科事典ウィキペディアには、「ラウェイ(ビルマ式キックボクシング)」が国技と記されています。しかし、このような認識は、実際ミャンマーにおいてはかなりの少数派ですから、あえて挙げるならば、比較的多数派の「チンロン」の方が妥当でしょう。そして、国民的な人気の「サッカー」も、国技級のスポーツといえます。

 ミャンマーのサッカー。そう聞いて、ピンと来る人は、特にミャンマー好きでなければ、よほどのサッカー史通でしょう。実は今でこそ低迷していますが、この国は、かつてはアジアにおける強豪。そしてさらに、日本サッカーにとっては、その昔、まさに「育ての親」だったのです。

戻る 次へ