ステレオ歌謡~創成期

■ステレオ歌謡の誕生と放送禁止

独立後の1950年代、少数民族などとの国内問題を抱えながらもミャンマーは、東南アジアの優等生と言われ、第三世界を牽引する国々の一角を担っていました。首都ラングーンは、東南アジアの中心都市で、シンガポールのモデル都市としても有名です。そして1960年代は、大衆歌謡の世界にとって、新しい時代となるはずでした。

しかし、ステレオ録音という新技術が登場し、欧米ポップスという新しい洋楽が上陸し始めている時期の1962年、軍事クーデタによってネーウィン政権が成立。ビルマ式社会主義によって半鎖国体制となり、海外からの物流は滞り、経済は低迷し、文物においても世界の流れから取り残されていきます。ミャンマーの音楽界においては、ステレオ歌謡、すなわちミャンマー製ポップスとも言うべき、新たな音楽が芽生えようとする時期に閉鎖的な体制が始まっていたのです。

ネーウィンが率いるビルマ社会主義計画党(BSPP)政権は伝統護持政策をとり、外国の音楽だけでなく、楽器および関連する機器や雑誌などまでもが正規のルートで輸入できなくなりました。しかしこうした状況下で新しい音楽の担い手たちは、体制からの逆風を受けながらも、1960年代末から1970年代にかけて新しいサウンドを生み出していきます。初期の作品の多くは、ステレオ録音の先駆けとなったウ・バテインスタジオでレコーディングされました。

当時、多くの人々が歌謡曲をラジオで聴いていたことは、既述の通りですが、国営ラジオ局の「BBS」はしかし、新登場のステレオ歌謡を放送しませんでした。BBSには英語放送のVoice of Burmaがあり、人気番組のLocal Talentなどでは「英語のままで歌う」ことで洋楽ポップスが放送されていました。ただ、一般庶民により身近なのはビルマ語放送です。そちらでは、歌詞をビルマ語に変えたカバー曲や洋楽スタイルのオリジナル曲が、「ミャンマー文化を破壊する」という理由で有害なものとされ放送が禁止されたのです。ダッピャー(SP盤レコード)も、発売されているのはカーラボー歌謡だけで、ステレオ歌謡はプレスされていません。そういう状況の中で、ステレオ歌謡の媒体は何だったのでしょうか。それは、ラペッイェーザイン(喫茶店)です。

■喫茶店で花開いたステレオ歌謡

当時のミャンマーでは、庶民(ただし主に男たち)にとって最大の社交場は喫茶店です。そこは、紅茶をちびりちびりとすすりながら噂話に花を咲かせて情報交換し、流行りモノを皆で楽しむ空間。最新の音楽を流すことは喫茶店の効果的な集客手段で、資金力のある有力店は、ミャンマーで「アカイ(日本のAKAI社のこと)」と呼ばれていたオープンリールを備えていました。ステレオ歌謡の創成期に”アカイ”でレコーディングされた曲は、オープンリールのテープにダビングされ、いわば業務用に近い形で一部において流通していたようです。1970年代に入るとカセットテープでの販売が始まりますが、テープは半鎖国体制下では国境貿易でタイから入ってきたり、船乗りが持って来たりする非正規品。庶民が気軽に買える代物ではありません。また、仮に音楽テープを手に入れたとしても再生機はまだほとんど普及していません。オープンリール販売も続いていた70年代のアルバムは、ジャケットもなく、曲目は手書き。そんな当時の若者たちは、喫茶店に来てステレオ歌謡を聴いたものです。店内に鳴り響くのはステレオ録音されたサウンド。一方ラジオから流れてくる曲やダッピャーはモノラルですから、そんな対比から、カーラボー歌謡は「モノ歌謡」といわれる場合があります。

ラジオを媒体としたカーラボー歌謡。喫茶店を媒体としたステレオ歌謡。「ステレオ」という命名には、モノラルのラジオでは放送されない、という背景もあったのです。

■創成期のスターたち
(※画像をクリックすると曲を聴くことができます。)

1960年代末頃が創成期のステレオ歌謡。この時期の草分け的な歌手の中でも核となった存在として、アコーディオン・オウンヂョー、テッカトー・トゥンナウン、ラーショー・テインアウン、プレーボーイ・タンナイン、ミンミンラッ、ヌエジンウィンなどを挙げることができます。

アコーディオン・オウンヂョーはもともとカーラボー歌謡の人気歌手ですが、新しい洋楽調を取り入れた曲を歌ってステレオ歌謡の先駆者となりました。BBSでこうした曲は放送されませんから、彼はそれをオープンリールで販売して新しい音楽産業の道を開きました。

アコーディオン・オウンヂョー

ヒット曲「愛の敗者ダッターギリ」が収録されている。

同時期に活躍したのが歯科医でもあるテッカトー・トゥンナウンで、1969年、彼は自作の「ママ、恋人が欲しいよ」を大学の女子寮の前で歌って大人気となり、この曲は大ヒットしました。このようなオリジナル曲を「コーバイン・タンズィン(自作のメロディ)」あるいは「オウン・チューン」といい、この曲は、ステレオ歌謡史初のコーバイン・タンズィンと言われています。ただ、このあたりの事始めに関しては、アコーディオン・オウンヂョーとテッカトー・トゥンナウンとの間で論争があるようです。(両者が故人となってしまった現在、決着には至っていない。)

テッカトー・トゥンナウン

ステレオ歌謡初のコーバイン・タンズィンと言われている「ママ、恋人が欲しいよ」が収録されている「ユエッチュエマ(枯葉女)」。「ママ・・・」が発表された当時は、ジャケットなどなく、曲名は手書き。

かつてカーラボー歌謡がさまざまな洋楽から影響を受けたように、ステレオ歌謡も欧米をはじめ、中華圏、日本、インドなどいろいろな地域の楽曲を取り入れています。そうした点は、創成期の大スター、ラーショー・テインアウンの曲によくあらわれています。シャン州出身の彼は、1970年代初旬、アメリカのカントリーやポップ、ラテン、中華圏や日本の歌謡曲などさまざまな曲を取り入れ、時にビルマ語だけでなく中国語や英語をも織り交ぜ、豊かな声量で歌いあげました。そうした曲の中には日本の「骨まで愛して」があり、この昭和歌謡の名曲はミャンマーでも知られています。

ラーショー・テインアウン(Jimmy Jack)
1972年にアメリカに移住したため、本国での芸能活動期間は短いが、渡米後も音楽活動を継続。伝説的な歌手としての人気を保ち続けた。このビデオはヤンゴンにおける2015年新年の公演。2018年12月28日、72歳で死去。

ステレオ歌謡においては、歌手だけでなくバンドも数多く登場します。その多くは伴奏を生業とするスタジオミュージシャン的存在ですが、ELECTRONiC MACHINE、THE KING、THE RAYS、SUCCESS、THE ACE、AURORA、NEW WAVE等といった人気バンドの場合、コンサートはバンドが中心に据えられ、複数の歌手が登場するという形で開催されます。こうしたバンドの中でも、1970年に結成され、この世界の草分けともいえる「PLAYBOY」の存在は突出しています。リーダーがスター歌手で他にも人気歌手を複数擁して華々しい活動を展開。スーパースターバンドとして一世を風靡しました。

国民体育大会開催の為のチャリティ公演。1994年2月4・5日の2日間に分けて開催。大きく書かれているのがバンド。登場する歌手は小さく書かれているが、そうそうたるスターたち。
こちらも同様のチャリティ公演。1994年1月7~9日の3日間開催。出演者として大きく書かれているのはバンドで、歌手については「有名なステレオ歌謡の歌手多数」という具合に具体名なし。唯一特別扱いでプレーボーイ・タンナインがだけが記載されている。

そんなPLAYBOYのリーダーは、ボーカルとドラムスを担ったタンナイン。彼は1960年からBBS英語放送のラジオ番組Local Talentに出演するなどして音楽活動を展開。バンド結成後はプレーボーイ・タンナインと呼ばれ自称します。PLAYBOYは、日本でいえばGS(グループサウンズ)に近い存在で、若者たちを熱狂させました。音楽的には欧米ポップスなどのビルマ語カバーが中心という路線。こうした曲は「コピーチューン(コピー歌謡)」といわれ、ステレオ歌謡における主流のひとつとなります。取り入れた楽曲の多くはオールディーズや日本の歌謡曲などで、サウンド的にはソフト路線といえます。バンド編成の特徴としてはタンナインと妻でもある女性スターのパレーを二枚看板のボーカルとしつつ、複数の人気歌手が流動的に加わるという形をとっています。こうしたスタイルは人気バンドの定番となり、現在のミャンマーにおけるカリスマバンド、アイロンクロス(IC)もその延長線上にあります。PLAYBOYに参加していた人気歌手としては、セインルイン、テッカトー・エーマウン、ミャンマーピィー・テインタン、エルクンイーなどが有名ですが、中でもパレーは、のちの世代に大きな影響を与えたステレオ歌謡における伝説的女性歌手と言えます。

プレーボーイ・タンナイン

コピーチューン中心のプレーボーイ・タンナインだが、このアルバム「ゴールデンソングス」には、コーバイン・タンズィンの大ヒット曲「夜香花」が収録されている。

パレー

PLAYBOYの花形女性歌手パレーが歌った曲は「パレータチン(パレーの歌)」として、後世の女性歌手に歌い継がれ、大きな影響を与え続けていった。このアルバムには日本の歌謡曲「竹田の子守唄」のビルマ語カバーが「この歌が終わるまでに」というタイトルで収録されている。

アイロンクロスにとって、PLAYBOYはバンド編成における源流といえますが、サウンド面でのルーツはミンミンラッです。1970年代初頭、いち早くロックをステレオ歌謡に本格導入したミンミンラッは、ミャンマー・ロックの創始者といえる存在。この国におけるロックギターの神様ソーブエムーと共に、ミャンマーロック史における重要な存在です。彼が当時、欧米から取り入れたロックナンバーのカバー曲は、のちに登場するロックスター、ゾーウィントゥッやレーピューなどにとってのテキストとなり、歌い継がれていきます。

ミンミンラッ
1971年にイギリスのエジソン・ライトハウスの曲「Love Grows (Where My Rosemary Goes)」をビルマ語でカバーした「メーティダーをさらったのは誰だ」を発表。後年、ロックスターのゾーウィントゥッがリバイバル。このような曲をビルマ語では「ピャンソー・テー(再演曲)」という。

女性歌手のヌエジンウィンは、1961年、歌手の登竜門とも言えるBBS英語放送の番組Local Talentで欧米ポップスを英語で歌ってデビュー。1973年からビルマ語でも歌うようになり、ステレオ歌謡の女王的存在となります。当時、流行りのアルバム企画に男女2人の歌手による共演ものがあり、そうした作品も数多く残しています。中でも大物ラーショー・テインアウンとのレコーディングは印象的だったそうです。1970年代前半頃は、スタジオで使用するマイクが1本だけだったため、彼の声量があり過ぎてバランスが取れなかったとのこと。やむなくラーショー・テインアウンがマイクから一歩下がって歌って解決。そんな工夫をしてレコーディングされたのが日本の「骨まで愛して」(クリックでYoutubeへ)のカバーだったのです。

ヌエジンウィン
洋楽ポップスを英語で歌う歌手としてデビューした当時は、Joyce Winという名前で活動。後にヌエジンウィンとして、カラーボー歌謡やミャンマー・タンズィン調の曲も歌うようになった。このような古いMTVは、国営のMRTVが制作。ラジオ局のBBSでは禁止されていたステレオ歌謡だが、テレビ局では放送されていた。80年代、テレビはまだあまり普及しておらず、一部の人たちしか視聴することのできなかったからと考えられる。