■紅茶にうるさいミャンマー人

太文字をクリックするとビルマ語音声が聴けます

ミャンマーで最もポピュラーな飲物といえば、やはり紅茶でしょう。ビルマ語では「ラペッイェー(လက်ဖက်ရည်)」といいます。ちょっとした町ならば、どこにでも喫茶店(ラペッイェー・ザイン လက်ဖက်ရည်ဆိုင်)はあります。ミャンマー人の喫茶店好きは、名古屋人を越えるでしょう。店構えは屋内式から路上式までいろいろありますが、どこの店も客の入りは結構いいようです。

さて、ちゃぶ台と極端に低い腰掛けだけの路上喫茶店にでも行って、ビルマ語で一杯注文してみましょうか。

 「ラペッイェー・タクウェッ(紅茶を一杯)!」
    (လက်ဖက်ရည်တစ်ခွက်)

   二杯なら「ナクウェッ(နှစ်ခွက်)」、三杯なら「トウングウェッ(သုံးခွက်)」となります。「クウェッ(ခွက်)」は「~杯」に当たる助数詞。前に来る数字の発音によって濁音化するところなどは、日本語と同じです。

   このラペッイェー、まず飲んで感じるのはその甘さ。とにかく甘い。しかし、ただそれだけではありません。喫茶店にはコーヒーやジュースなどもありますが、ミャンマー人にとっての定番は、何といってもラペッイェーなのです。定番に“こだわり派”は付きもの。甘さ苦さの微妙な違いにうるさい人がいれば、それに応じた多岐に渡る注文方法がある筈です。

ミャンマーでは、喫茶店は男たちの溜まり場。女性客の割合は圧倒的に低い。特に若い女性の場合、2人で連れ立って来ることはあっても、1人で来ることはめったにない。
喫茶店で食べられる軽食の定番は、「肉まん」、「揚げ春巻き」、「サムサ」(左から)。揚げ春巻きは肉なしが多いが味は良い。肉まんは数種類あり、中身は、鶏肉、豚肉、餡、ココナッツなど。この他に、ゼラチン状の甘いミャンマー風ケーキを出す店も多い。喫茶店は、ビルマ系、インド系、中国系に大別できる。インド系の店ではサムサや揚げ春巻きが、そして中国系の店では肉まんが食べられる。ビルマ系の店では両方が食べられる。 なお、これらは特に注文しなくても卓上に出され、食べた分だけが勘定される。
ラペッイェー作りの名人。「ヨーヨー」を入れるときはこうして充分に混ぜる。ミャンマーにおける喫茶店の店主は、たいてい経営に専念し、自らラペッイェー作りに携わることはない。したがって、いかに「名人」を雇うかが、その店の味を決める要点のひとつとなる。

■ラペッイェーの注文方法

ラペッイェーは「シンプル」「スペシャル」とに大別することができ、いずれの場合においても甘味とまろやかさをつけるために、砂糖と練乳が使われます。ミルク入りは、メニューとしては存在しますが、基本的な調合ではありません。なお、「シンプル」はビルマ語でヨーヨー(ရိုးရိုး)といい、「スペシャル」は語尾の「シャル」がビルマ語化してシェー(ရှယ်)といいます。

「ヨーヨー」と「シェー」の違いは、使われる練乳にあり、「ヨーヨー」ではその店の自家製練乳が、「シェー」では輸入品の缶練乳が使われます。注文の際、特に指定しなければ、通常「ヨーヨー」が出されますが、客が外国人の場合には「シェー」となることもあります。その理由については、「金を持っている外国人だからふっかける」といった一般的に考えられがちな発想のみで判断することはできません。もちろん一概に言えることではありませんが、「自家製の練乳を入れると腹をこわしてしまうかもしれない」といった配慮で、外国人にはあえて「シェー」を出す店が少なくないのです。

左が「シェー」、右が「ヨーヨー」。練乳を混ぜるためのスプーンが添えられるのがシェー、既に練乳が混ぜられて泡立っているのがヨーヨー。さらに店によっては、シェーの練乳が見えるよう、ガラスコップで出てくることもある。

また「ヨーヨー」と「シェー」には、実際の飲み方にも違いがあります。「ヨーヨー」の方は、ふたつのカップを使って泡立つほどよく混ぜられている(上の写真参照)のでそのまま飲みます。しかし高価な「シェー」の方は、練乳が沈殿した状態で出てきます。こうすることで偽「シェー」でないことが示され、こちらは自分で混ぜる形となります。つまり自分で甘さの調節ができるわけで、甘さを抑えたければ、あまり混ぜなければいいのです。

さて、 注文の仕方としては、「ヨーヨー」か「シェー」かだけではなく、さらに甘さ、苦さの微妙な味の違いを指定することができます。そのあたりについては、茶葉、練乳、砂糖をどれだけ使うかといったことなどで決まります。それぞれが標準的な量で調合されたノーマル・スタイルを「ポンマン(ပုံမှန်)」といい、注文する時、調合についての指定をせず、単に「ラペッイェー」と言った場合には、これが出てきます。

甘さ呼称 味
超甘チョービィッ(濃甘)
ချိုပြစ်
練乳と砂糖がたっぷり(濃甘)入った濃厚な甘さ
強甘チョーゼイン(やや甘)
ချိုဆိမ့်
「ポンマン」よりやや甘い
チョーガー(甘苦)
ချိုခါး
その名の通り甘くて苦い
チョーヂャ(甘コク)
ချိုကျ
苦味が加味され、味にコクがある
パンヂョー(渋甘)
ဖန်ချို
「ポンマン」にやや苦味を加味
パンボ(薄渋)
ဖန်ပေါ့
やや茶の苦味(渋味)が押さえられている
ポンマン
ပုံမှန်
ノーマルな甘味と苦味
シンガプー
စင်ကာပူ
ラペッイェーとコーヒーのミックス ※余談はこちら
弱甘チョーボ(薄甘)
ချိုပေါ့
甘さやや押さえめ
パンガー(渋甘)
ဖန်ခါး
甘さ押さえめでやや苦いが、結構まろやかな味
チャゼイン(ややコク)
ကျဆိမ့်
甘さ押さえめで、ほろ苦い
微甘ポヂャ(苦)
ပေါ့ကျ
甘さは店によって差があるが、とにかく苦味が強い

まずラペッイェーの入門編としては、この「ポンマン」を飲んでみるのがいいでしょう。その味をどう感じるかで、その先のさらに細かい注文方法が決まってきます。「ポンマン」はノーマルと言え、かなり甘く感じることでしょうが、これを甘味の度合いの中程度(下の表中の「甘」)とした上で、好みに応じたいろいろな注文の仕方を、右の表のように分類してみました。またさらに番外としては、下記のような注文方法もあります。

■どのラペッイェーが好き?

このようにいろいろ列挙してみましたが、当のミャンマー人の間で人気のあるラペッイェーはどれなのでしょう。ヤンゴン、バガン、メイッティラーで尋ねてみました。

アニャーといわれる上ミャンマー地方のバガンやメイッティラーと首都ヤンゴンとでは、傾向的な違いがやや見られましたが、共通して一番人気だったのが「チョーゼイン(やや甘)」。その他、「チョーボ(薄甘)」も人気がありました。違いは、ヤンゴンと比べてアニャーでは「チョービィッ(濃甘)」の人気が高いという点。甘いものを好むこの地方の特徴があらわれているようです。

一杯の値段については、店や地方によって違いがありますが、おおよそ以下の通りです。(以下2018年8月現在、ks=チャット)

  • 「ヨーヨー」・・・ヤンゴンでは350ksほど、地方では300ksほど
    (※2001年はヤンゴンは30~35ks、地方は20~30ks)
  • 「シェー」・・・ヤンゴンでは400~500ks、地方では350ksほど
    (※2001年はヤンゴンは50~60ks、地方は30~50ks)

ちなみにラペッイェーというのは、店で飲むだけではなく、買って家で飲むものでもあります。したがって、どの店でも袋に入れての持ち帰りが可能です。こうしたテイクアウトのことを「パーセー(ပါဆယ်)」(小包みを意味する英語の「Parcel」が語源)といい、飲食関係の用語となっています。この場合の値段は、量が通常の1.5~2倍近くなので、その分高め。これについては、ヤンゴンと地方との差があまりなく、だいたい以下の通り。

  • 「ヨーヨー」・・・500ksほど(※2001年は45~50ks)
  • 「シェー」・・・700~900ks(※2001年は70~90ks)

なお値段的なところでの種類としては、大カップと小カップという具合に分けている店もあります。

■ラペッイェーのための基礎ビルマ語

味覚にかかわる単語を知っておくと便利。
チョー(ချို)」=甘い
カー(ခါး)」=苦い
パン(ဖန်)」=渋い
チャ(ကျ)」=味がよく出ている
ポ(ပေါ့)」=薄い
セイン(ဆိမ့်)」=まろやか、コクがある
※ビルマ語の発音は、前にくる単語の発音によって、濁音化することがあるので、例えば「甘い」は「チョー」、「苦い」は「カー」だが、「甘くて苦い」は「チョーガー」となる。また母音については、長母音と短母音の区別がないため、ケースバイケースで長短が変化する。

ラペッイェー通のミャンマー人は、自分の好みの店で飲むと同時に、好みに合うように細かく注文します。その仕方は、地方、あるいは店や個人によってもさまざまで、今回ここで列挙した注文方法だけでは到底網羅できるものではありません。つまり、行きつけの店で、自分の好みに応じた特別な調合の一杯を注文できるのがミャンマーの喫茶店。味にうるさい通の要望に応えられる、というのも「美味い店」といわれる条件のひとつでもあるようです。