ミンガラータウンダン村救済公演
~ゾーウィントゥッ、ソウンティンパー、Lサインズィー~

​2008年11月15日(土)・16日(日)​

ビルマのロック歌手ゾーウィントゥッと若手人気女性歌手たちによるチャリティ公演です。

ビルマのロック・スターといえば、ゾーウィントゥッとレーピューが双璧。現在、その人気やカリスマ性においてはレーピューが上回っていると言えるかもしれません。しかし何といっても、ゾーウィントゥッはこの国におけるロックの草分け的存在。欧米ロック調のポップスは、彼がデビューした1980年代前半当時からありましたが、その歌唱は、ビルマポップスにおける王道である「甘い」歌声が基本でした。

そうした時代の中、大学生だったゾーウィントゥッは歌手デビュー。ハスキーな歌声で時にシャウトする彼の歌唱は、当時まさに邪道。業界関係者からの評判は決して芳しいものではなかったようです。しかし出世作『シンタンヂン』で人気歌手の仲間入りをし、1989年のヒット作『アカウンゾウン・テーミャー』で一躍スターダムに。その新しい歌声は、確実に多くの若者たちのハートをつかみ、ビルマ・ロックの草分けとなりました。

3回目の来日となるゾーウィントゥッは、兄ゾーミョートゥッのバンド「EMPEROR」のメンバーと共に来日。フルメンバーではありませんが、今回初めて自己の所属するバンド・メンバーとの来日公演が実現し、在日ビルマ人ロックバンドとの共演で、会場は大合唱。熱の入ったライブとなりました。(※過去の公演

ゾーウィントゥッ
Lサインズィー
ソウンティンパー
熱気を帯びた会場
寄付金についての報告(主催者より)

  すでに寄付金はミャンマーへ持って帰ってもらいました。

  ミャンマーのお金で900万チャット(約70万円強になります)寄付として集りました。当日チャリティボックスに頂いた寄付金・CDとTシャツの売上金の一部が寄付金として使わせて頂きます。

  まずミンガラータウンダン村に学校を建てる。それから薬・飲み水の確保等にかかる費用にしたいと考えています。コンサートが終った後も、有難い事に寄付金を頂いております。まとまりましたら、ミャンマーへ送り村の子供達のために使わせて頂きます。

  また、今回のコンサートの半券をお持ちの方は、次回のコンサートでは25%OFFになります。チケットを買ったけれども、当日見に来れなかった方もいらっしゃるとおもいます。未使用のチケットで次回のコンサートのチケットと交換致します。
大事に保管しておいて下さい。

  次回のコンサートは日にちはまだ未定ですが、来年中には行いますので楽しみにして下さい。よろしくお願い致します。

日  時11月15日(土) 12:30~15:00
11月16日(日) 12:00~14:30
会  場PINK BIG PIG  地図はこちら
東京都新宿区歌舞伎町1-21-1 第二東亜会館6F
出  演[歌手]
ゾーウィントゥッソウンティンパーLサインズィー
[演奏]
EMPEROR(ゾーミョートゥッ、マウンマウンルイン)、在日ビルマ人演奏者
料  金各5000円(1ドリンク付き)
※2日間通しのチケットは9000円
問合せアウンミィン(カラオケビルマ料理店「TOKYO STAR」※10:00~14:00、18:00~24:00)
⇒03-5389-8187、090-3542-4603
アウンルイン(※19:00~21:00)⇒090-3913-0547
ティンアウンモー(※20:00~22:00)⇒090-4138-9247
佐藤滋子(※12:00~13:00、18:00~20:00)⇒090-1795-2698

サイクロン被災者救援・チャリティコンサート
GOLDEN LIONライブ~ダズィン、シンポン、スィートゥールイン、イェーレー~
2008年11月3日(月)

高田馬場にあるビルマ専門の旅行代理店「GOLDEN LION」が、昨年1月以来2回目となるビルマ人歌手の公演を主催しました。

  今回の来日メンバーは、男女2人づつの人気歌手。やや中堅とも言える男性歌手のスィートゥールインを除くと、滞在期間が長い在日ビルマ人にはもはやわからないというくらいのホットな若手スターたち。まさにビルマ歌謡界の今を凝縮した公演となりました。

  なお、メンバーのうち、女性歌手のダズィンは今年行われたメコン川音楽祭への出演に引き続き、2回目の来日。今回はシンポンと共に、横浜タイフェスティバル2008(10月25日・26日)にも出演しました。

スィトゥールイン
イェーレー
ダズィン
シンポン
日  時11月3日(月) 18:30~21:30
会  場豊島区民センター  地図はこちら
東京都豊島区東池袋1-20-10
出  演[歌手]
スィトゥールインイェーレーダズィンシンポン
[演奏]
オッカーウータ
料  金4500円
問合せGOLDEN LION  03-3207-6878
(東京都新宿区高田馬場2-19-7 タックイレブン5F 504号)※地図

ナルギスサイクロン被災者基金コンサート ~キンマウントー、アーザーニー、メーカラー、ヤダナー、メーサベーニョー来日公演~ 2008年7月27日(日)

ビルマ歌謡界における新旧の大スターと若手歌手が来日してサイクロン被災者支援を目的とする公演が行われました。

今回来日したのは、ビルマポップスの草分け的存在とも言える大物歌手のキンマウントー(※詳細はこちら、若手人気スターのアーザーニー、女性ポップス歌手の大御所メーカラー、その妹のヤダナー、若手女性歌手のメーザベーニョーの5人。そして今回の演奏は在日ビルマ人バンドではなく、歌手と共に来日するミャッミンが、巧みにプログラミングされたキーボードを駆使して一人ですべてを担当。ビルマ・ポップスのスタンダードナンバーから最新ヒット曲まで楽しめる公演となりました。

キンマウントー
アーザーニー
メーカラー
ヤナダー
メーザベーニョー

ミャンマー NARGIS CYCLONE被災募金イベント
2008年7月6日(日)

音楽好きな在日ビルマ人の中には、仲間同士でバンドを組んでいる人たちがいます。その中の4グループに日本人のゴスペルグループを加えて、被災者のためのチャリティ公演を行いました。大勢の在日ビルマ人が集まり、熱気溢れた演奏に、会場は大盛り上がり。ラストナンバーのWe are the worldで出演者、観客が一体化する中で幕を閉じました。

日  時7月6日(日) 17:00~21:00
会  場LIVE MusicInn  地図はこちら
東京都新宿区西新宿7-15-4 YS第一ビル B1F
料  金1500円

ダヂャン(水祭り)
2008年4月27日(日)

在日ビルマ人社会において恒例となっている水祭り(ダヂャン)が開催されます。新年を迎える祭りであるダヂャンは、ビルマにおける最大の年中行事。本国ビルマでは、今年は4月12日~4月16日の4日間盛大に行われました。

  ダヂャンの頃は、ビルマで最も暑い時期。しかし、日本は違います。よって東京ダヂャンでは基本的に水掛けは行われず、出し物は、在日ビルマ人のグループによる伝統舞踊やポップスなどのステージショーがメイン。また会場内の屋台では、さまざまなビルマ料理を味わうことができました。

日  時4月27日(日) 10:00~17:00(予定)
会  場飛鳥山公園(JR王子駅南口)地図はこちら
主  催ビルマ民主化同盟(LDB)
問合せ03-3916-4996

シャン州記念日
2008年2月3日(日)

在日シャン人社会の恒例行事であるシャン州記念日を祝う会が、今年も開催されました。本国ビルマでは今年で61回目となるこの記念日に際し、日本では今回、講演会の「シャン・ナショナル・デー」と文化行事の「シャン・ステーツ・デー」というふたつの会が高田馬場で催されました。

日  時

2008年2月3日(日)

①13:30~15:00、②17:00-20:00

①13:30~シャン・ナショナル・デー
(在日シャン少数民族活動家の講演)

②17:00~シャン・ステーツ・デー
(シャン料理・民族衣装ショー・民族舞踊)

会  場①新宿消費生活センター(新宿区高田馬場4-10-3
※場所はこちら
②シチズンプラザ(新宿区高田馬場4-29-27)
※場所はこちら
入場料無料(寄付金大歓迎 ※入場の際、募られますのでよろしくご協力ください)
主  催①SND(在日シャン民族民主主義会)
TEL 03-3368-2691
②シャン民族文化協会

問合せ090-3691-8433(山田)