さくら S9(2020年12月22日開店)

■コロナ渦で開店したさくら2号店

リトルヤンゴン高田馬場の中心地といえば、駅前の雑居ビル、タックイレブンの周辺。その一角で肝っ玉母さんのミィンミィンさんが営むミャンマー料理店「さくら」が2号店をオープンさせました。

店名の「S9」というのは、9種類のスペシャルメニューという意味。開店当日は、まだ9種類は揃っていませんでしたが、今後、串焼きなど、いろいろな料理を楽しめる形にするとのことです。

本店に相当する駅前の「さくら」は家庭的なミャンマー料理が中心ですが、「S9」ではタイ料理も提供。専用のカラオケルームが整えられており、飲み放題コース(2時間・生ビール・サワーで2500円など)もあり、料理だけでなく、飲んで楽しめる形になっています。

ところで、気になるのは、このコロナ渦での開店。

駅前のさくらでは、ミャンマー料理だけではなく、カラオケも備えていました。しかし昨年あたりから、場所柄、二つを同時に展開するのが次第に容易ではなくなってきました。そこで、カラオケに重点を置いた2号店を計画し始めましたが、物件探しがなかなか進まない。そんな中で全世界を揺るがしたのが新型コロナウィルスの流行でした。日本でも感染が拡大。多くの飲食店が困難な状況に陥り、それはミャンマー料理店も例外ではありませんでした。しかし、こうした状況をミィンミィンさんはチャンスと考えました。そして今年の5月、案の定、停滞していた新店舗探しに動きが。出店を控えるのではなく、逆に攻めに出たことが功を奏して良い物件が見つかったのです。

こうして、さまざまな準備を経て、開店した「さくら S9」。コロナ渦での開店ですから、決して楽な船出ではありません。ビュッフェ形式の食べ放題ランチ(60分で980円)や歌い放題のカラオケ専用ルーム(60分で1000円)、そしてタイのシェフを雇っての本格的タイ料理など、さまざまな工夫を凝らしています。

コロナ渦で勝負に出たさくらの肝っ玉母さんミィンミィンさん。その挑戦は続きます。(2020年12月取材)

※店の場所(地図)はこちら

ランチ説明の大看板はビルマ語のみ。かえってこれが際立って、人目を引く。
専用のカラオケルーム
店内の様子
店名さくら S9(2020年12月22日開店)
紹介記事はこちら
所在地豊島区高田3-10-11 草原ビル2階
電話番号 
営業時間11:00~15:00、17:00~28:30
休業日