モンバッといわれる米の麺に魚をベースとするスープをかけて食べる「モヒンガー」手前の黄色のスープは、オンノカウスエ。

ビルマにはさまざまな麺料理があり、その店に対する一般的名称といったものは、特にないようです。ただ、モヒンガーはビルマの代表的な麺料理。メニューの中にこれがあれば、その店は一般的に「モヒンガーザイン」と称されるようです。そのあたり、日本の「そば屋」と似たようなところがあります。ちなみにモヒンガーを扱っていない麺料理店の場合は、あるものに応じた個別的名称となるようです。

店構えについてはこじんまりとしたものが多いようです。路上の屋台や材料一式を天秤ひとつで運ぶ移動式の店や、屋内型でも簡易な造りの店が少なくありません。しかし、都市部などにある品揃えのいい専門店の場合、一戸建てのしっかりとした店もあります。