安居入りの袈裟寄進会
2019年7月14日(日)

中板橋でミャンマー僧院を運営する「ミャンマー文化福祉協会(MCWA)」が、新たな僧院を和光市に建立しました。それに際して、ビルマ歴4月(ワーゾー)に行う安居入りの僧侶へ袈裟を寄進する会が以下の時程で催されます。

11:00~12:00・・・施食
12:00~13:00・・・参加者の食事
13:00~13:30・・・袈裟の寄進
13:30~   ・・・説法

Facebookのミャンマー文化福祉協会のページには、場所が以下のリンク先に詳しく掲載されているので、行かれる際にはご覧ください(写真をご覧ください)。※詳細はこちら

日  時2019年7月14日(日)11:00~
会  場テラワダ・パリヤッティ僧院 ※地図はこちら
(埼玉県和光市新倉2丁目27−18)

アウンサンスーチー氏の誕生日を迎える饗応の会
2019年6月16日(日)

6月19日はアウンサンスーチー氏74歳の誕生日です。それに先立つ16日、誕生日を迎えるにあたって、在日ミャンマー人に向けてのサトゥディタ(饗応)の会を催します。場所は高田馬場駅前のロータリーにある平和の女神像周辺。4月21日に千本桜広場で開催された会と同様のお食事を振舞う会です。

日  時2019年6月16日(日)16:00~19:00
会  場BIG BOX前の公園(高田馬場駅前)※地図はこちら

在日ミャンマー人の第2回新年饗応の会
2019年4月21日(日)

ミャンマー本国では4月13日から4日間に渡って最大の年中行事「ダヂャン(ティンヂャン)」が行われています。これは、テラワダ仏教(上座部仏教)の国において水かけ祭りとして知られている新年を迎える行事で、4月17日が元旦となります。在日ミャンマー人コミュニティーでは、この期間を中心に、関連行事が毎週日曜日に行われています。

4月21日は、日比谷公園、戸山公園に続き、3つ目のダヂャンが小松川千本桜の広場で行われます。

ただこちらの会は「在日ミャンマー人の第2回新年饗応の会」と銘打たれており、下記の次第を見ると、ダヂャンにちなんで、料理を盛大に振る舞う、というのが主旨のようです。

11:00~13:50 饗応(サトゥディター)の布施
13:50~14:00 記念写真撮影
14:00~14:30 清掃
14:30~15:00 ダヂャンの水かけ遊び

振る舞われる全ての料理は、この会の呼びかけで在日ミャンマー人から提供されたもの。その数、何と3000食。提供の単位は50食~。Facebookのグループページからの呼びかけでいろいろな料理が集まってきており、その中には、料理店のメニューにはないような家庭料理(下の写真参照)があり、ビルマ料理の奥深さをこんなところでも感じることができます。

なお、この会で振る舞われるさまざまな料理については、参加者が食べたいものを自分で選ぶのではなく、くじ引きで3~4種類の料理が割り当てられるという按配です。ちなみに酒類はありません。

そして、この会のプログラムには「写真撮影」の時間が予め組み込まれています。これはとても重要。ミャナンダーと大写真大会のないミャンマー人のイベントなどありえません。ゆえにいちいち催しのスケジュールに入っていないことが珍しくありませんが、そこではたいてい20~30分が費やされます。その結果、予定通りに進行せず、おおらかに終了していくということがよくあります。しかし今回、この会では予定として10分間の枠が確保されています。それによって会がどのように進行していくかも、ちょっと気になるところです。

プログラムの最後では、本来のダヂャンに欠かせない「水かけ」が行われます。この饗応の会は、ダヂャンの一環として催され、短時間ながら水かけが本来の趣旨通りに行われるようです。よって実行委員会からのお知らせとして、以下の内容が発信されておりますので、ご注意ください。

「着替えの服と下着をご用意ください。」

日  時2019年4月21日(日)11:00~15:00
会  場小松川千本桜の広場  地図はこちら
※都営新宿線「東大島」下車
東京都江戸川区小松川1丁目7
参加費無料
情  報ဂ်ပန္ေရာက္ျမန္မာတို႔ရဲ ့ ႏွစ္ဦးစတုဒိသာ(在日ミャンマー人の新年饗応の会)
会のロゴ
ウェットウンタッター・ラペッ・フナッ(ဝက္သံုးထပ္သားလက္ဖက္ႏွပ္ 豚の三枚肉と漬け茶葉の柔らか煮)。通常、料理店のメニューにはない珍しい家庭料理。
昨年度(第1回)の様子

ダジャン(新年の水祭り)
​2019年4月7日(日)・14日(日)​

今年も東京でのダジャンは複数回開催されます。

●28th TOKYOダジャン祭り(4月7日)
「第28回ファミリー・ダジャン祭り」と銘打たれた今年の東京ダジャン。ダジャンのようなミャンマー最大の年中行事の場合、大きな組織の後援で開催されることがよくあり、このTOKYOダヂャンも2016年においては企業や自治体などの後援で開催されました。今年の「ファミリー・ダジャン」というのは、そうした組織が支援する形ではなく、在日ビルマ人たちが家族のように協力して行うダジャンという意味合いが込められているようです。

日  時2019年4月7日(日)
10:00~17:00
会  場日比谷公園 噴水広場(地下鉄「霞ヶ関」、「日比谷」下車、徒歩2分)
地図はこちら
主  催
問合せ
ビルマ民主化同盟
ウ・フラインエイ(090-2258-3307)など

●ミャンマーお正月ダジャン祭り(4月14日)

こちらのダジャン会場となっている戸山公園は、リトルヤンゴン高田馬場の近くにあり、普段から地域の外国人住民たちがスポーツに興じたり、国際交流的な行事が行われたりする開放的な場所。在日ミャンマー人コミュニティーで開催される東京ダジャンです。

(主催者より)
今年も、東京近辺に住むミャンマー人の仲間たちがダジャン(ミャンマー正月)のお祭りを行うことになりました。私たちがこのお祭りを東京で行うようになってからもう20年以上になります。
ボランティアの在日ミャンマー人たちが、コツコツと準備してきた「手作りの」お祭りです。
日本人の皆さんも是非ご参加ください。会場で、ミャンマーの歌や踊り、そして食べ物を楽しんでみてください。
ダジャンが、私たちミャンマー人と日本人の出会いの場所になるといいな、と思っています。

日  時 2019年4月14日(日) 11:00~17:00
会  場 戸山公園(JR「高田馬場」駅から徒歩9分) 地図はこちら
主  催 問合せ 在日ミャンマー市民協会(Union of Myanmar Citizens’ Association) 熊澤(090-3213-8467) ウ・タンスエ(090-4964-9718) ウ・チョーチョーソー(090-6031-4394)他

シャン民族の日記念パーティー
2019年2月10日(日)

シャン民族の人気歌手ハントゥンを迎えて開催された恒例のShan National Day(シャン民族の日)の記念パーティー。東京での開催は今年で26回目となります(本国では72回目)。

日   時2019年2月10日(日)18:00~21:00 (開場は17:30)
会   場アカデミーホール  地図はこちら
東京都豊島区東池袋1-30-6 セイコーサンシャインビル地下1階
参加費2000円
問合せシャン民族の日実行委員会 Tel:080-4857-1616、080-4959-5321