軍事クーデターに対する抗議行動

2021年2月1日(月)~

2月7日 大使館前での行動

2月1日の軍によるクーデターに対して、同日から在日ミャンマー人社会において即座に抗議行動が始まりました。

●2月1日(月)国際連合大学前広場

昨年11月にNLDが圧勝した選挙結果の不満に軍の報道官は、1月26日に「憲法に基づいて行われる選挙は公正で自由でなければならない」と発言。記者からクーデターの可能性の問いに対しては「法律に従って進めるだけ」とのコメントに、その可能性はないとみられていました。しかし、2月1日、突如、アウンサンスーチー氏たちが拘束されて、クーデターが強行されました。

そうした事態に、88世代の古参の民主化運動家や新世代の活動家たちからの呼びかけで、急遽、1000人ほどの在日ミャンマー人が国連大学前に集結。実権を奪取した国軍トップのミンアウンフライン氏への非難と国際社会や日本政府への協力要請を訴えました。

日  時2021年2月1日(月)
13:00~15:30
会  場国際連合大学前広場
東京都渋谷区神宮前5丁目53−70
地図はこちら

●2月3日(水)外務省前

3000人ほどの在日ミャンマー人が外務省前で日本政府への要請を以下のようにシュプレヒコールし、また代表が外務省を訪れて、その旨を直接伝えに行きました。

・日本政府はミャンマー軍事クーデター政府を認めないでください。
・拘束されたアウンサンスーチー氏とすべての関係者を釈放するようミャンマー国軍に圧力をかけてください。
・2020年総選挙区の結果に基づいて新しい国会を開くようミャンマ国軍に圧力をかけてください。
・日本の企業はミャンマー軍事クーデター政府と経済協力をしないでください。

日  時2021年2月3日(水)
14:00~16:00
会  場外務省周辺
東京都千代田区霞が関2丁目2−1
地図はこちら

●2月6日(土)高田馬場駅前 平和の女神像

Facebookからの呼びかけで急きょ開催されたキャンドルライト集会。100円ショップで買えるバッテリーキャンドルか携帯電話のライトでご参加ください、とのことです。

FBグループ「We Love Myanmar Japan」より
本田潤一郎氏撮影
榎本良平氏撮影
日  時2月6日(土)
21:30~22:20
会  場高田馬場駅前 平和の女神像周辺
東京都新宿区高田馬場1丁目26
地図はこちら

●2月7日(日)ミャンマー大使館前

当局発表で3000人、主催者発表で5000人が参加した軍事クーデターへの抗議行動。グループを分け、入れ替わって大使館前でシュプレヒコール。大人数ながら実に秩序正しく行われました。

日  時2月7日(日)
10:00~13:00
会  場ミャンマー大使館前
東京都品川区北品川4丁目8−26
地図はこちら

●2月11日(木)・12日(金) 国際連合大学前広場

通行人の妨げにならないよう、決められた範囲からはみ出ることなく、整然と座り、「世界の終わり」、「真実の瞬間」など、今回の行動における抵抗歌を歌い、軍事クーデターに対する抗議を示しました。

集会は、両日とも予定の21:00ではなく、19:50に終了しました。

榎本良平氏撮影
日  時2月11日(木)・12日(金)
両日とも18:00~21:00
会  場国際連合大学前広場
東京都渋谷区神宮前5丁目53−70
地図はこちら

●2月14日(日) 無言行進デモ(代々木公園出発)

代々木公園を出発して、渋谷を通過して、国連大学前を通る「無言行進デモ」。今回の軍事クーデターへの抗議行動に際して、在日ミャンマー人コミュニティーで活動している各組織が結集して「軍事クーデタに反対する在日ミャンマー人非暴力活動委員会」を結成。

マスク着用は当然のこと、行進中、声をあげたり、歌を歌ったり、おしゃべりしたり、といったことはなし。プラカードなどの持参も可ですが、粗暴な表現はしないようにとの指示が出ています。

日  時2月14日(日)
11:30 集合
12:00 式典開始
12:30 行進出発

集  合代々木公園(イベント広場)
東京都渋谷区代々木神園町2−1
地図はこちら

●2月17日(水)ミャンマー大使館前

ミャンマー連邦共和国大使のウ・ソーハン大使とすべての大使館職員に対して、CDM(市民的不服従運動)への参加を呼びかけられました。

しかし大使館からの回答は残念ながら、参加拒否でした。

※CDM(市民的不服従運動)
=抗議と抵抗のための公共機関や企業などにおける職務放棄。

日  時2月17日(水)
15:00〜16:30
会  場ミャンマー大使館前
東京都品川区北品川4丁目8−26
地図はこちら
主 催軍事クーデタに反対する在日ミャンマー人非暴力活動委員会

●2月21日(日)アメリカ大使館前

ミャンマーでは軍による不法な政権奪取の企てが進行しています。それに対して、市民たちが互いに支え合って平和的な抗議活動を展開しています。こうした状況を打開すべく、バイデン米国大統領へ協力を要請すべく、その旨の書簡をアメリカ大使館に託します。

書簡の主な内容は以下の3点です。

1.ミンアウンフライン一派のミャンマーからの排除

2.抗議活動を展開しているミャンマー市民の保護

3.2020年の総選挙で確定した政権のリーダーであるアウンサンスーチー氏の救出

アメリカ大使館前において、上記について意思表明を行います。

日  時2月21日(日)
14:00〜17:00
※14:00 集合
 15:00 行動開始
会  場アメリカ大使館前
東京都港区赤坂1丁目10−5
地図はこちら
主 催軍事クーデタに反対する在日ミャンマー人非暴力活動委員会

●2月24日(水) 国際連合大学前広場

日本在住のミャンマー全民族に呼びかけられています。

日  時2月24日(水)
14:30 ~ 16:30
会  場国際連合大学前広場
東京都渋谷区神宮前5丁目53−70
地図はこちら
主 催在日ミャンマー少数民族協会

●2月25日(木)インドネシア大使館前

日  時2月25日(木)
15:00〜17:00
会  場インドネシア大使館前
東京都品川区東五反田5丁目2−9
地図はこちら

日  時2月25日(木)
15:00〜16:30
会  場ミャンマー大使館前
東京都品川区北品川4丁目8−26
地図はこちら

●2月26日(金)ミャンマー大使館前

日  時2月26日(金)
15:00〜16:30
会  場ミャンマー大使館前
東京都品川区北品川4丁目8−26
地図はこちら

●2月27日(土)ミャンマー大使館前

日  時2月27日(土)
12:00〜14:00
会  場ミャンマー大使館前
東京都品川区北品川4丁目8−26
地図はこちら

●2月28日(日)国際連合大学前広場

日  時2月28日(日)
未定
会  場国際連合大学前広場
東京都渋谷区神宮前5丁目53−70
地図はこちら
主 催軍事クーデタに反対する在日ミャンマー人非暴力活動委員会